第15回沙家浜陽澄湖蟹の美食節は盛大に開幕する

水街のビール祭り

毎年の7月17日から7月26日までに、ビール祭りが開かれる。尚湖の水街や、廊下橋の綺麗な水と月の明りは燈火とともに輝く。数万人の観光客が集まり、夜の尚湖の景色は綺麗で壮観なものである。冷たいビール、多彩な歌や舞踊、美味しい軽食などは、人々を夜色に風情たっぷりの尚湖の中で陶酔させ、家に帰るのも忘れさせてしまう。それ以外に、また車の展示区域を設けている。

太公美食祭り

9月25日から11月25日まで開催される。常熟虞山の麓である尚湖は、商末に姜太公が紂を避け隠居し、此で魚釣りを下から名を得られたのである。 9月25日から11月25日まで開催される。常熟虞山の麓である尚湖は、商末に姜太公が紂を避け隠居し、此で魚釣りを下から名を得られたのである。千百年来、人々に数多くの感動的な伝説ばかりでなく、後世の人に一席の美味しい料理である「太公宴」を残した。

冬季に興福寺で鐘の音を聞く

古の言葉には、「晨鐘暮鼓」がある。悠揚たる鐘の音は新しい一年好運を運んでくる。仏教の中で更に鐘の音を聞くことは修行の智慧や煩悩を断つ「不二の法門」としている。毎年の12月31日に、千年の古刹である興福寺が新年の鐘の音を聞く祭りをする。それはまさに仏の功德を宣伝する盛会である。その時期になると、線香を捧げ、福を祈り、空心潭で放生し、新年の幸運の鐘を叩き

春季尚湖牡丹花会

古人曰く「若到江南赶上春、千万和春往」、江南の春が美しい。三月の江南、梅の香りがまだ冬の寒さを思わせ、春の雰囲気が土の中でぼんやりとしている。牡丹と梅が艶を競っている。華やかで美しい牡丹、清新で優美である梅、誰が勝てるのかはあまり重要ではない。今は牡丹を観賞する一番いい季節である。常熟尚湖牡丹が満開していて、牡丹を楽しむのに常熟よりいいところはないだろう。