Position: Home » 観光指南 » はじめに » 風光美景 » 虞山尚湖 » Detail

西城楼閣

2019-11-24    admin    Browsed:816

西城楼閣観光地の敷地面積は1.8万平方メートルであり、明朝嘉靖年間、虞山城壁の修繕工事の重要な内容である。西城楼閣の元の場所は、古城西門の中にあり、城壁と城門と隣り合わせ、致道観、大石山房、東岳廟、厳氏読書館(逍遥遊)、地藏庵、阜城門、城牒、牌坊(鳥居)などと合わせ、「虞山十八景」の一つを構成している。南朝梁代の致道雙と南宋の東岳廟は、明代に騰山に沿って建てた城壁と競ってそびえ立ち、壮大な景観を直している。明の人蔣廷錫が「城西秋望」の詩の中で、「高い楼閣、三階霧と煙の中、青い山、半分夕日の中。一行の雁、城の境を飛んでいき、緑の瓦、鱗のように輝く」とある。今、楼閣は現存しておらず、新しい建築になっている。